耐震住宅カテゴリー記事の一覧です

 ◆注文住宅の建築実績更新しました

建築実例, 省エネ住宅, 耐震住宅

都心に建つ耐震等級3の家

 

都内の狭小地に建つ木造3階建ての住宅が完成いたしました。

職人によって壁一面に仕上げられた壁面塗装はジョリパットを使用。

バルコニーに付いた木製ルーバーが上品さを演出しています。

内部は鉄骨手すりが付いた無垢材の階段がリビングへと誘います。

耐震性(耐震等級3)、断熱性(吹き付け断熱)と機能面が非常に優れており、住む人に安心と快適さを与える仕様になっています。

 

完成画像は建築実例からご覧いただけます。

▶ 都心に建つ耐震等級3の家の詳細はこちらから

 

問合せフォームバナー

お電話でのお問い合わせはこちらから

03-5671-1080

(9:00~18:00)

 

東京・葛飾区・江戸川区で工務店をお探しのお客様は北村住建へ

 ◆住宅ストック循環支援事業のお知らせ

information, 省エネ住宅, 耐震住宅

平成28年10月11日の第2次補正予算において、既存住宅流通・リフォーム市場の活性化として「住宅ストック循環支援事業」が可決され、事業予算額は250億円と決定しました。

「住宅ストック循環支援事業」とは今現在建っている住宅に関しての耐震化、省エネ化を推進する為の制度となり、対象となる住宅の場合は補助金が交付されます。

気になる補助金ですが

①住宅のエコリフォーム

②良質な既存住宅の購入

③エコ住宅への建て替え

と項目ごとに分かれておりそれぞれの条件によって補助金額が変わってきます。

 

%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%82%af%e5%be%aa%e7%92%b0%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad

 ● 所有する住宅の建築時期(確認検査日)が新耐震基準制定(昭和56年6月1日)以前の場合

①住宅のエコリフォーム

上限30万円/戸 (耐震改修を行う場合は45万円/戸) *耐震改修必須

②良質な既存住宅の購入 *若者(40歳未満)が既存住宅の購入及びリフォーム

上限50万円/戸 (耐震改修を行う場合は65万円/戸) *建築士によるインスペクション(建物検査)及び既存住宅瑕疵保険加入必須

③エコ住宅への建て替え

定額30万円/戸 (省エネ等級などにより定額30万~50万円/戸)

 

 ● 所有する住宅の建築時期(確認検査日)が新耐震基準制定(昭和56年6月1日)以降の場合

①住宅のエコリフォーム

上限30万円/戸

②良質な既存住宅の購入 *若者(40歳未満)が既存住宅の購入及びリフォーム

上限50万円/戸 *建築士によるインスペクション(建物検査)及び既存住宅瑕疵保険加入必須

③エコ住宅への建て替え

補償対象外

 

以上の項目に該当され住宅のリフォームや建て替えをご検討されている方は、それぞれに定められた額の補助金を受けられるという制度になります。*交付の決定までは補助金交付は確約ではありません。

但し、補助金交付申請を行う事業者は補助事業者としての登録をしている業者に限られます。

また①~③の項目においては全て各々の事業者登録が必要となりますので、依頼する業者に予めどの事業者登録をしているかの確認が必要です。

尚、申請開始日は2017年1月18日から申請受付開始となり、補助金額が申請ベースで一定額に達した時点で受付終了となります。

恐らく申請開始日は申し込みが殺到すると思われますので、ご検討されている方は早めの依頼をお勧めいたします。

 

尚、私たち北村住建では「住宅のエコリフォーム」と「エコ住宅への建て替え」の事業者登録をしておりますので、申請手続きから工事、補助金交付までをサポートしており、安心してご利用いただけます。

住宅ストック循環支援事業に関わるリフォームや建て替えなどのご相談、補助金などに関するお問い合わせは、下記のフォームからお問合せ頂けますのでこの機会にぜひ建て替えやリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 住宅ストック循環支援事業の詳細はこちらから   国土交通省ホームページ

 北村住建の省エネ住宅についての取り組みはこちらから

 北村住建の耐震住宅の取り組みについてはこちらから

 

問合せフォームバナー
お電話でのお問い合わせはこちらから

03-5671-1080

 

東京・葛飾区・江戸川区で工務店をお探しのお客様は北村住建へ

 ◆SE構法について

耐震住宅

SE構法

 

 

 

 

■ SE構法とは?

 

構造建築家の播繁氏によって開発された建築構造であり、鉄骨造やRC造の主流であるラーメン構造と同じ手法を日本の木造住宅に取り入れたのがSE構法です。

大規模建築物と同じ手法で計算された構造の為、耐震性や耐久性に優れており、通常の木造住宅では出来ないような広く自由な空間づくりを可能とします。

 

■ 地震に強いSE構法

 

一般的な在来軸組工法の地震対策では構造金物によって、基礎、土台、筋かい、柱、梁などを接合し、耐力壁と筋交いによって建物を支えています。

SE構法では、この構造金物をSE金物という強度と耐久性が非常に優れた(100年後も同じ性能を保持)独自の構造金物を採用しています。

又、耐力壁についても、せん断力の優れた「JAS特類1級構造用合板」を標準採用しており、SE構法での壁強度は在来工法の筋交いの3.5枚分の強さを実現しています。

SE構法の耐力壁を壁倍率に換算した場合、在来工法と比べ3.5倍の耐震強度を保ち、3.5分の1の壁量で空間が作ることが可能になります。

その様な事からSE構法は、通常の木造建物では不可能な大空間を実現し、優れた耐震性能を長い年月保持することが出来るのです。

 

%e3%83%93%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b8

 

■ 木材の質感を大型建築物に

 

元来、日本の建築物は木材によって建築され、その見た目の美しさもまた私たち日本人に親しまれてきました。

SE構法はその優れた特性から、住宅だけではなく大型施設などにも木造建築を可能にします。

その大型施設を支える構造躯体に使用する木材に最大の特徴があります。

SE構法に使用する木材は全て構造用集成材という材料を使用します。

この構造用集成材は1本1本に全て強度性能が表示されており、数値で明確に構造計算が行えます。

通常使用される無垢材と呼ばれる木材は、自然素材である為、材料1本1本の性能が異なります。

その特性から無垢材では数値による安全性能を明確化できない為、大型施設などには使用が出来ないのが現状です。

SE構法では使用される木材を構造用集成材する事で、鉄骨造やRC造と同じ構造計算を可能にし、大型施設の構造計画を安全に行うことが出来るのです。

 

 

 北村住建の耐震住宅の取り組みについてはこちら

 

問合せフォームバナー
お電話でのお問い合わせはこちらから

03-5671-1080

(9:00~18:00)

 

東京・葛飾区・江戸川区で工務店をお探しのお客様は北村住建へ